重さ

ホットラインが鳴る。
「○○救急隊です。電車飛び込み、男性。心肺停止状態、右下肢切断。場所は・・・」

その人は、いくつかの大きなビニール袋と一緒に運ばれて来た。
全身どす黒い血にまみれ、顔も、皮膚の色も良く分からない。
心肺停止状態。すぐに蘇生が始められた。
同時に、びりびりに破れた服を脱がしていく。

看護師になって2年目になったばかりの春のことだった。
この1年間で、かなりのことでは驚かなくなっていたが、この光景は目をつぶりたくなるものだった。
「大きな血の塊り・・・」そう思ってしまった。
どす黒く赤いその色以外、周りの色がなくなったようだった。

残っている左足には、白かったであろう靴下が履かれていた。
そっと脱がせた。

「先生、靴下重いよ・・・。」 私の小さな声は喧噪にかき消された。
足には指が無かった。
ずしりと血の滴る靴下を持ってしばらく立ち尽くした。

「モモ、脚さがせ。」 医師の声に我に帰る。
「あ、はい。」

一緒にやってきた黒いビニール袋は4つあった。1つづつ持ち上げてみる。
1つ目は軽かった。やぶれた服が入っていた。
2つ目はちょっと重い。所持品と思われる物、この人が判るものが入っていた。
3つ目、すごく重い。
これだ。
そっと開ける。
しゃがんだ足もとに、ごろりと右足が転がった。

「・・・先生、あった。」
「指まであるか確認して。」

足りなかったら、鉄道職員さん達が現場を探すのだそうだ。
カラスが持って行ってしまうこともあると聞いた。
指はちゃんと揃っていた。

その人は、一度も心臓が動き出すことはなく死亡が確認された。
‘血の塊り’だったその人を丁寧に拭いた。
血は乾いて固まり、なかなか取れなかった。
肌の色が分ったら、ちゃんと人になった。
‘怖いと思ってごめんなさい’心の中でそうつぶやいた。


あの時の靴下や黒いビニール袋の重さは、今でもずしりと憶えている。
持ち上げられない程の、重くて重い、命の重さだったのだと思う。
[PR]
# by momo-hospital | 2009-09-25 21:24 | 救命救急センター